平成28年度6月17日に筑波大学東京キャンパスにて開催されたSGH連絡会の下記資料を掲載いたします。
※平成28年第1回SGH連絡協議会・連絡会については、こちらをご参照ください。

平成28年度第1回SGH連絡会
〈第一部〉「国際比較調査報告」
〈第二部〉”In Search of the Best Practice for Developing Next Generation of the Global Leaders” 「次世代グローバルリーダー育成に向けたベストプラクティス探索」

“Comparison of Global Mindset and Behaviors of the High School Students among 10 Countries”
「10カ国間の高校生グローバルマインドセットと行動の比較」
Graduate School of Business Sciences, University of Tsukuba
Professor, PhD. Hirohisa Nagai
筑波大学大学院ビジネス科学研究科教授 永井裕久
資料

 “Country Report : Japan”
「カントリーレポート−日本」
Department of Human Science, University of Tsukuba
Assoc. Prof. Dr. Junko Iida
筑波大学人間総合科学研究科准教授 飯田順子
資料

 “Country Report: Singapore”
「カントリーレポートーシンガポール」
Graduate School of Business Sciences, University of Tsukuba
Assoc. Prof. Dr. Caroline Tan
筑波大学大学院ビジネス科学研究科准教授 キャロライン・タン
資料

 “Global Leader Survey: United States”
「グローバルリーダーシップに関するアンケート調査−アメリカ合衆国」
Office of Global Initiatives, University of Tsukuba
Prof. Takeshi Hirose, D. Phil.
Mr. Jason Thompson
​筑波大学国際室教授 廣瀬武志
筑波大学国際室 ジェイソン・トンプソン
資料

“German High School Education”
「ドイツの高校教育」
Principal, NAE Partners
Part-time Lecturer, University of Tsukuba
Mr. Manuel Ploch
NAE Partners代表
筑波大学非常勤講師 マヌエル・プロッホ
資料

本発表は、2015年にSGH研究班(筑波大学附属学校教育局・SGH幹事校管理機関)によって実施された International Comparative Study on Developing Global Mindset and Competencies for High School Students の結果に基づいています。

カテゴリー : お知らせ, 成果・事例